研究業績等

主な著書・論文等です。

詳細な情報は、研究者情報データベースリサーチマップ(Researchmap)でご確認ください。

<著書>

大澤昭彦. 高層建築物の世界史, 講談社(講談社現代新書), Feb.2015

大澤昭彦. 高さ制限とまちづくり, 学芸出版社, Feb.2014

 

<論文>

■大澤昭彦. 超高層ビルと持続可能性 : 世界と東京の超高層ビルの動向を踏まえて(特集 超高層ビルのロングライフ化), BELCA news,  28(156),  ロングライフビル推進協会, pp.13-19, July. 2016

■中西正彦 , 加藤仁美, 桑田仁, 杉田早苗,  大澤昭彦. 総合設計制度の運用と変遷に関する研究, 都市計画論文集, vol.51, no.3, 日本都市計画学会, pp.812-819, 2016

■中西正彦 , 大澤昭彦 , 杉田早苗, 桑田仁 , 加藤仁美. 総合設計制度創設における制度設計の論点と課題:総合設計委員会の議論・答申および許可準則・技術基準に着目して, 都市計画論文集, vol.50, no.3, 日本都市計画学会, pp.488-493, 2015

■桑田仁, 加藤仁美, 中西正彦, 杉田早苗, 大澤昭彦. 日影規制の制度成立の経緯と運用をめぐる展開:市街地コントロール手法としての現代的意義と課題, 都市計画論文集,  vol.49, no.3, pp.471-476, 2014

■大澤昭彦. マンション建替え円滑化法に基づく容積率緩和制度の特徴と課題, 都市問題, 後藤・安田記念東京都市研究所, vol. 105, no. 10, pp. 81-96, Oct. 2014.

■大澤昭彦. 景観計画と高さ制限, 都市計画, 日本都市計画学会, vol. 63, no. 3, pp. 34-39, Jun. 2014.

■大澤昭彦. 高度地区指定による高さ制限の変遷に関する研究,  都市計画論文集, vol. 47,no.3, 日本都市計画学会, pp. 211-216, Oct. 2012.

■大澤昭彦. 御堂筋における高さ制限の変遷, 土地総合研究, vol. 20, no. 2, 土地総合研究所, pp. 30-43, May. 2012.

■大澤昭彦, 中井検裕, 中西正彦. 高度地区における既存不適格建築物の建替え救済措置の実態に関する研究, 日本建築学会計画系論文集, vol. 76, no. 668, 日本建築学会, pp. 1911-1918, Oct. 2011.

■大澤 昭彦. 日本における容積率制度の制定経緯に関する考察(その2)容積制導入の背景:1950年〜1961年, 土地総合研究, vol. 19, no. 3, 土地総合研究所, pp. 46-68, Sep. 2011.

■大澤 昭彦. 日本における容積率制度の制定経緯に関する考察(その1)容積制導入以前における容量制限:1919年〜1950年, 土地総合研究, vol. 19, no. 1, 土地総合研究所, pp. 83-105, Mar. 2011.

■大澤 昭彦, 中井検裕, 中西正彦. 景観法に基づく景観計画を活用した高さ制限の実態に関する研究, 都市計画. 別冊, 都市計画論文集, 社団法人日本都市計画学会, vol. 45, no. 2, Oct. 2010.

■大澤昭彦. 京都市における高度地区を用いた絶対高さ制限の変遷–1970年当初決定から2007年新景観政策による高さ規制の再構築まで, 土地総合研究, vol. 18, no. 3, 土地総合研究所, pp. 181-210, Sep. 2010.

■大澤昭彦. 高度地区の緩和措置を活用した大規模建築物の規制・誘導に関する研究–裁量性を有する協議調整型まちづくり手法としての可能性, 土地総合研究, vol. 18, no. 3, 土地総合研究所, pp. 139-180, Sep. 2010.

■渋谷和司, 中井検裕, 中西正彦, 大澤昭彦. 民間への敷地分譲を伴う団地再生における景観形成方策のあり方に関する研究 : 景観ガイドラインに着目して, 都市計画論文集, vol. 44, no. 3, 日本都市計画学会, Sep. 2009.

■大澤昭彦. 建物高さの歴史的変遷(その2)海外における建物の高さと高層化について, 土地総合研究, vol. 17, no.3, 土地総合研究所, pp. 73-92, Sep. 2009.

■大澤昭彦. 建物高さの歴史的変遷(その1)日本における建物の高さと高層化について, 土地総合研究, vol. 16, no.2, 土地総合研究所, pp. 15-28, Jun. 2008.

■大澤昭彦. 市街地建築物法における絶対高さ制限の成立と変遷に関する考察–用途地域の100尺(31m)規制の設定根拠について, 土地総合研究, vol. 16, no. 1, 土地総合研究所, pp. 51-61, Mar. 2008.

■大澤昭彦. 景観計画による高さ制限の現状と課題, 土地総合研究, Vol. 15, No. 4, 土地総合研究所, pp. 90-110, Dec. 2007.

■大澤昭彦. 高度地区を用いた絶対高さ制限の指定状況–2002年から2006年までの最近5ヵ年について, 土地総合研究, vol. 14, no. 4, 土地総合研究所, pp. 70-94, Dec. 2006.

■大澤昭彦. 風致地区及び地区計画地区における景観形成の現状及び評価に関する調査研究(その3)「地区計画」の結果を中心に, 土地総合研究, vol. 14, no. 3, 土地総合研究所, pp. 77-84, Sep. 2006.

■大澤昭彦, 中井検裕, 中西正彦. 高度地区指定による絶対高さ制限の正当性に関する研究, 都市計画論文集, vol.40, 日本都市計画学会, pp. 427-432, Oct. 2005.

■大澤昭彦, 中井検裕, 中西正彦. 景観保全のための絶対高さ制限に伴う機会費用に関する研究 : 鎌倉市中心市街地を事例に, 都市計画論文集, vol.39, 日本都市計画学会, Sep. 2004.

<その他>

■大澤昭彦. 人類はなぜ高層建築に挑むのか, ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展公式ガイドブック (AERAムック), 朝日新聞出版,  2017

■大澤昭彦. 都市居住から見た都市計画の展望(明日へのメッセージ~新しい時代に向けた展望~), 新都市ハウジングニュース(ANUHT), vol.81, 新都市ハウジング協会, pp.28-29, 2016

■山下 努, 大澤 昭彦. 高さ610メートル 幻の代々木タワー計画, アエラ, vol. 25, No. 30, 朝日新聞出版, pp. 46-49, Jul. 2012.

■大澤昭彦. 問われる「高さ規制」マンション建設で 佐賀市城内地区における2度のマンション紛争の経緯と課題, 季刊まちづくり, no. 8, 学芸出版社, pp. 90-91, Sep. 2005.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中