『高さ制限とまちづくり』出版のお知らせ

このたび、拙書「高さ制限とまちづくり」(学芸出版社)が発売されましたのでお知らせします。

本書の内容は、我国における建築物の高さ制限の歴史的変遷にはじまり、高度地区(都市計画法)と景観計画(景観法)を活用した高さ制限の運用実態を概観したうえで、これらの制度を用いた全国20自治体の具体的な事例をまとめています。そして最後に、高さ制限の意義や制度の活用にあたってのポイントを整理しています。

高さ制限の歴史から実態までを網羅的に紹介した本書は、地域の景観や環境保全に取り組む市民や自治体関係者など、都市の高さのあり方に関心を持つ方にとって参考になると思います。是非ご一読ください。

◇詳細は学芸出版社のホームページをご覧ください(目次、序文、あとがきが読めます)。

「高さ制限とまちづくり」 大澤昭彦 著 学芸出版社 3700円+税

http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3210-9.htm

 

<高さ制限とまちづくり:目次>

序 なぜ高さ制限は必要か

第1章 高さ制限の歴史的変遷

1 戦前における高さ制限(市街地建築物法下の高さ制限)

2 戦後における高さ制限(旧建築基準法下の高さ制限)

3 高度成長期における高さ制限(容積制全面導入後の高さ制限)

4 安定成長期における高さ制限

5 バブル経済崩壊以降の高さ制限

6 歴史的変遷からみた高さ制限の特徴

第2章 高さ制限の実態と課題

1 高さ制限の手法とその課題

2 絶対高さ型高度地区を用いた高さ制限の実態と課題(事前確定型高さ制限)

3 景観計画を用いた高さ制限の実態と課題(行政指導型高さ制限)

第3章 高さ制限を活用したまちづくりの事例

1 古都の景観保全のための高さ制限:京都市/大津市

2 城下町の景観保全のための高さ制限:松本市(松本城周辺)/佐賀市(佐賀城公園周辺)

3 庭園・社寺の眺望景観保全のための高さ制限:東京・北区(旧古河庭園)/宇治市(平等院周辺)

4 門前町等の歴史的街並み景観保全のための高さ制限:伊勢市(伊勢神宮周辺)/太宰府市(太宰府天満宮周辺)

5 水辺の景観保全のための高さ制限:諏訪市(諏訪湖・高島城)/犬山市・各務原市(木曽川周辺)

6 山の眺望景観保全のための高さ制限:鹿児島市(桜島・城山周辺)/岐阜市(金華山・長良川周辺)

7 都心景観の保全・創出のための高さ制限:東京・中央区(銀座周辺)/大阪市(御堂筋周辺)

8 大都市における住環境・景観保全のための高さ制限:東京・新宿区/札幌市

9 都心近郊住宅地における住環境・景観保全のための高さ制限:横須賀市/芦屋市

10 地方都市における住環境・景観保全のための高さ制限:山形市/水戸市

第4章 高さ制限を活用したまちづくりに向けて

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中