国会前庭の時計塔:「31.5m」に込められた意味

永田町の高台に立つ国会議事堂の正門前に「国会前庭」と呼ばれる公園がある。

戦前は陸軍参謀本部があった場所だが、1964(昭和39)年の東京オリンピック開催にあわせて公園として整備された(当初、オリンピックに間に合うよう計画されたが、一般公開は1967年)。

台地の突端にあるため、皇居の濠から丸の内の高層ビル群、霞ヶ関の官庁街まで一望することができる。ただ、普段、訪れる人は少なく、緑に囲まれた空間は静謐な雰囲気を保っている。

 

公園は、南北二つの区域に分かれており、北側に洋式庭園、南側に和式庭園が配置されている。そして、洋式庭園の中心には、国会前庭のシンボルともいえる塔が広い空に向けて伸びている。

憲政記念館(旧尾崎記念会館)と一緒に建設された時計塔だ。「憲政の神様」と呼ばれた尾崎行雄の業績を記念して、1960(昭和35)年に建設された。この時、公園はまだ完成していない。

DSC_0649.JPG

 

時計塔は鉄筋コンクリート造で、高さは31.5m。三つの柱が合わさった形は、立法・行政・司法の三権分立を象徴しているという。そういわれれてみれば、この塔を中心に、国会議事堂、霞ヶ関の官庁街、最高裁判所が配置されているようにも見える。

□塔の高さ「31.5m」の理由

ここで注目したいのは、時計塔の高さ「31.5m」である。

やや中途半端に見えるこの数値にはどのような意味が込められているのだろうか。

その理由を探ってみると、塔の前に置かれた銘板には、こう書かれている。

「塔の高さは、「百尺竿頭一歩を進む」ということわざの努力の上にさらに努力して向上するの意味から百尺(30.3メートル)より高くした31.5メートルに設定された」

立法、司法、行政が、それぞれ更なる進歩を目指して努力を重ねることを塔に象徴させたのであろう。

だが、100尺という数字そのものには、この時代ならではの意味もあった。

塔が完成した1960(昭和35)年当時、建築物の高さは最大31mに制限されていた。いわゆる「100尺制限」だ。

100尺制限とは、1920年に施行された市街地建築物法(建築基準法の前身)に基づく建築物の高さ制限で、住居地域は65尺、それ以外の地域は100尺に規制された。1931(昭和6)年にメートル法となり、65尺が20m、100尺が31mとなったが、戦後、市街地建築物法が建築基準法に再編された後も、この高さ制限は継承された。

時計塔が完成した1960年は、池田勇人内閣が「所得倍増計画」を発表し、高度成長期が本格化しようとしていた時期にあたる。その前年には東京オリンピックの開催も決定し、首都東京の都市改造もはじまりつつあった。

好景気が、旺盛なビル需要を生み、建物の大規模化が進んだ。ただし、31m制限の範囲内である。

それゆえ、高さ制限の撤廃を求める声も大きくなっていく。1960年当時、100尺制限は時代遅れの規制と見る向きが少なくなかったのである。

実際、同年には、建築家の丹下健三も高さ制限の撤廃を求める論文(注1)を発表し、建設省も撤廃に向けて研究を進めていた。超高層ビル時代の前夜のことだ。

「百尺竿頭一歩を進む」に含まれる「百尺」は、もちろん比喩ではあるのだが、当時のビルの高さの限界であった31m(100尺)制限を超えるとの意味も読み取ることができるだろう。

□川崎秀二が高さに込めた想い:15mから31.5mへ

時計塔の高さを決めたのは、尾崎行雄記念財団理事長だった衆議院議員の川崎秀二だ。

設計を担当した海老原一郎は、当初、時計塔の高さを15mとしていた。ところが川崎は15mでは低すぎると考えた。

「十五メートルでは丸の内はおろか霞ヶ関一帯でもその存在がわからない。そこで私は元来時計塔を建てる意義は、咢堂(注2)がやかましかった「会合時間の厳守」を周知させるためのものだから、十メートルや十五メートルの高さでは問題にならない。建築法の制限一杯まで伸ばすべき事を主張した」(「建設の思い出と忘れえぬ人々」『尾崎記念会館・時計塔建設記』5頁)。

川崎の言う「建築法の制限一杯まで伸ばす」とは先に見た31m制限のことである。ただし、ここで注意すべきなのは、当時の31m制限は屋根や壁のある「建築物」が対象で、時計塔のような工作物は規制の対象外であったことである。したがって、つくろうと思えば31mを大幅に上回るものも建設可能だった(高さ333mの東京タワーが建設できたのも工作物だったため)。

いずれにしても「100尺制限(31m制限)」を意識して塔の高さが決められたことは間違いないだろう。

最終的に決まった塔の高さ31.5mは、31m(100尺)を僅かに上回る。「それなら百尺竿頭一歩を進めるという事になり、進歩的思想を表現する事にもなる」(同上)と川崎は述べている。

つまり、塔の高さは、ことわざに由来するというより、100尺制限の数字が直接的な理由であり、結果的にことわざの意味にも符合したと考える方が自然なのかもしれない。

□「31m制限」はどうなったか?

最後に、31m(100尺)制限の行方について触れておきたい。

1963(昭和38)年の建築基準法改正で容積地区制度が創設。その翌年に東京で容積地区が指定された。これで環状6号線の内側では絶対高さ制限が撤廃となり、代わりに容積率制限が実施されることとなる。

同年、高さ72mのホテルニューオータニが完成し(注3)、1968(昭和43)年には高さ147m(最高部の高さ156m)の霞が関ビルが竣工した。超高層ビル時代の幕開けである。

霞が関ビルや西新宿の高層ビル群の影に隠れがちだが、国会前庭の時計塔は、100尺制限の時代から超高層の時代への転換を象徴する存在でもあったのである。

 

(注1) 丹下健三(1960)「都市計画関連諸法についての私見」『都市問題』51(11)、東京市政調査会、p84-92

(注2) 咢堂は、尾崎行雄の雅号。

(注3) ホテル・ニューオータニは、容積地区指定前に計画されたため、絶対高さ制限の例外許可(当時の建築基準法57条但し書き)で建設された。

 

□参考文献

久保作次編『尾崎記念会館・時計塔建設記』尾崎行雄記念財団、1961年

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中