GINZA SIXがもたらした新たな眺め ~「屋根」がつくる景観~

 

■GINZA SIXの屋上庭園

2017年4月20日、銀座松坂屋の跡地に新たな複合商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」が誕生した。
高さは56m。超高層ビルラッシュの東京の中では、控え目な高さである。

GINZASIX
写真1 GINZA SIX

当初、この開発は高さ190mの超高層ビルでの建替えが予定されていた。

ところが「銀座に超高層ビルはいらない」と地元が反発。いわゆる「銀座ルール」の上限である高さ56mで建設された 1)。超高層ビルを必要としないまちづくりこそが、銀座の価値を高めると地元は判断したわけだ。

こうしてGINZA SIXは、超高層ビルに頼らない銀座の景観に色を添えることになる。

「銀ブラ」の言葉に代表されるように、銀座の景観は、歩道から見た街並みを指すことが多い。だが、GINZA SIXは新たな視点を銀座にもたらした。

それは、高所から見下ろす屋根(屋上)への眺めである。

もちろんこれまでにも、高所から眺められる場所はあったかもしれない。しかし、銀座通りだけでなく、銀座の全方位にわたって周囲への眺めを意識させたのは、GINZA SIXが最初ではないか。

IMGP5240
写真2 GINZA SIXの屋上庭園

■屋根の景観

では、銀座の屋根の景観とは何か?

GINZA SIXの屋上庭園は、誰でも入れる広場となっている 2)。屋上を一周する展望廻廊からは、ビルの周囲を360度眺めることができる。

西に面する銀座通りを見下ろせば、買い物を楽しむ人の多さに眼を奪われる。北に目を向ければ東京スカイツリー、南に東京タワーと、東京の二大ランドマークを遠望できる。

しかし、この廻廊をぐるっと回ってみて気になったことは、銀座通りでもスカイツリーでもない。

眼下に広がるビルの屋上だ。

銀座ルールによって、近隣にGINZA SIXより高い建物はない。周りのビルの屋上には、空調の室外機や看板の鉄骨などが、むき出しのままさらされている。

墓石のように、所狭しと屋上に並ぶ室外機の数には圧倒される。

これがGINZA SIXの屋上庭園から見える屋根の景観である。

ginnza-roof
写真3 周囲のビルの屋上

■屋根の景観が目立つ理由

だが、ビルの屋上への眺めといわれても、周囲のビルの所有者は困惑するだけだろう。

そもそもビルの屋根・屋上は、見られることを前提としていない。いわば、ビルの屋上は「無意識の景観」ともいえる。

であるがゆえに、その無防備な風景を目の当たりにすると、見てはいけないものを見てしまったような罪悪感を覚えてしまう(だらしない格好のまま外出している知人を偶然目の当たりにしてしまったような気まずさ?)。

超高層ビルや東京スカイツリー等の展望台であれば、眼下の建物ははるか下。個別の建物をあまり意識することはない。

一方、GINZA SIXの屋上はとりわけ高いわけではなく、周囲のビルとの距離が近い(高低差が小さい)ために、ことさら屋上が目についてしまうのだろう。

■屋根の景観をどう考えるか?

銀座の屋根の景観をどうするのか。GINZA SIXは新たな問題提起をしたのではないか。

東京らしい混沌とした風景として楽しむことも一興だろう。もしかすると外国人観光客の受けはいいのかもしれない。

とはいえ、銀座としてそれでよいのだろうかとも思ってしまう。屋上の設備を集約化し、空いた部分に緑を植えることで、銀座全体を空中庭園のようにしつらえてもよいだろう。

いずれにせよ、屋上広告・工作物も含めて、屋根のあり方を検討する余地があるのではないか(何事も動きの早い銀座のことだから、既に考えているのかもしれないが)。

【注】
1)GINZA SIXの開発経緯と銀座ルールについては、竹沢えり子「銀座にはなぜ超高層ビルがないのか: まちがつくった地域のルール 」(平凡社新書、2013年)に詳しい。銀座のまちづくりの全貌を理解できる良書。
2)GINZA SIXは、都市再生特別地区(都市計画法、都市再生特別措置法)の指定によって容積率の緩和を受けているが、屋上庭園を一般に公開することが容積割増の要件の一つとなっている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中