国会前庭の時計塔:「31.5m」に込められた意味

永田町の高台に立つ国会議事堂の正門前に「国会前庭」と呼ばれる公園がある。

戦前は陸軍参謀本部があった場所だが、1964(昭和39)年の東京オリンピック開催にあわせて公園として整備された(当初、オリンピックに間に合うよう計画されたが、一般公開は1967年)。

台地の突端にあるため、皇居の濠から丸の内の高層ビル群、霞ヶ関の官庁街まで一望することができる。ただ、普段、訪れる人は少なく、緑に囲まれた空間は静謐な雰囲気を保っている。

 

公園は、南北二つの区域に分かれており、北側に洋式庭園、南側に和式庭園が配置されている。そして、洋式庭園の中心には、国会前庭のシンボルともいえる塔が広い空に向けて伸びている。

憲政記念館(旧尾崎記念会館)と一緒に建設された時計塔だ。「憲政の神様」と呼ばれた尾崎行雄の業績を記念して、1960(昭和35)年に建設された。この時、公園はまだ完成していない。

DSC_0649.JPG

 

時計塔は鉄筋コンクリート造で、高さは31.5m。三つの柱が合わさった形は、立法・行政・司法の三権分立を象徴しているという。そういわれれてみれば、この塔を中心に、国会議事堂、霞ヶ関の官庁街、最高裁判所が配置されているようにも見える。

□塔の高さ「31.5m」の理由

ここで注目したいのは、時計塔の高さ「31.5m」である。

やや中途半端に見えるこの数値にはどのような意味が込められているのだろうか。

その理由を探ってみると、塔の前に置かれた銘板には、こう書かれている。

「塔の高さは、「百尺竿頭一歩を進む」ということわざの努力の上にさらに努力して向上するの意味から百尺(30.3メートル)より高くした31.5メートルに設定された」

立法、司法、行政が、それぞれ更なる進歩を目指して努力を重ねることを塔に象徴させたのであろう。

だが、100尺という数字そのものには、この時代ならではの意味もあった。

塔が完成した1960(昭和35)年当時、建築物の高さは最大31mに制限されていた。いわゆる「100尺制限」だ。

100尺制限とは、1920年に施行された市街地建築物法(建築基準法の前身)に基づく建築物の高さ制限で、住居地域は65尺、それ以外の地域は100尺に規制された。1931(昭和6)年にメートル法となり、65尺が20m、100尺が31mとなったが、戦後、市街地建築物法が建築基準法に再編された後も、この高さ制限は継承された。

時計塔が完成した1960年は、池田勇人内閣が「所得倍増計画」を発表し、高度成長期が本格化しようとしていた時期にあたる。その前年には東京オリンピックの開催も決定し、首都東京の都市改造もはじまりつつあった。

好景気が、旺盛なビル需要を生み、建物の大規模化が進んだ。ただし、31m制限の範囲内である。

それゆえ、高さ制限の撤廃を求める声も大きくなっていく。1960年当時、100尺制限は時代遅れの規制と見る向きが少なくなかったのである。

実際、同年には、建築家の丹下健三も高さ制限の撤廃を求める論文(注1)を発表し、建設省も撤廃に向けて研究を進めていた。超高層ビル時代の前夜のことだ。

「百尺竿頭一歩を進む」に含まれる「百尺」は、もちろん比喩ではあるのだが、当時のビルの高さの限界であった31m(100尺)制限を超えるとの意味も読み取ることができるだろう。

□川崎秀二が高さに込めた想い:15mから31.5mへ

時計塔の高さを決めたのは、尾崎行雄記念財団理事長だった衆議院議員の川崎秀二だ。

設計を担当した海老原一郎は、当初、時計塔の高さを15mとしていた。ところが川崎は15mでは低すぎると考えた。

「十五メートルでは丸の内はおろか霞ヶ関一帯でもその存在がわからない。そこで私は元来時計塔を建てる意義は、咢堂(注2)がやかましかった「会合時間の厳守」を周知させるためのものだから、十メートルや十五メートルの高さでは問題にならない。建築法の制限一杯まで伸ばすべき事を主張した」(「建設の思い出と忘れえぬ人々」『尾崎記念会館・時計塔建設記』5頁)。

川崎の言う「建築法の制限一杯まで伸ばす」とは先に見た31m制限のことである。ただし、ここで注意すべきなのは、当時の31m制限は屋根や壁のある「建築物」が対象で、時計塔のような工作物は規制の対象外であったことである。したがって、つくろうと思えば31mを大幅に上回るものも建設可能だった(高さ333mの東京タワーが建設できたのも工作物だったため)。

いずれにしても「100尺制限(31m制限)」を意識して塔の高さが決められたことは間違いないだろう。

最終的に決まった塔の高さ31.5mは、31m(100尺)を僅かに上回る。「それなら百尺竿頭一歩を進めるという事になり、進歩的思想を表現する事にもなる」(同上)と川崎は述べている。

つまり、塔の高さは、ことわざに由来するというより、100尺制限の数字が直接的な理由であり、結果的にことわざの意味にも符合したと考える方が自然なのかもしれない。

□「31m制限」はどうなったか?

最後に、31m(100尺)制限の行方について触れておきたい。

1963(昭和38)年の建築基準法改正で容積地区制度が創設。その翌年に東京で容積地区が指定された。これで環状6号線の内側では絶対高さ制限が撤廃となり、代わりに容積率制限が実施されることとなる。

同年、高さ72mのホテルニューオータニが完成し(注3)、1968(昭和43)年には高さ147m(最高部の高さ156m)の霞が関ビルが竣工した。超高層ビル時代の幕開けである。

霞が関ビルや西新宿の高層ビル群の影に隠れがちだが、国会前庭の時計塔は、100尺制限の時代から超高層の時代への転換を象徴する存在でもあったのである。

 

(注1) 丹下健三(1960)「都市計画関連諸法についての私見」『都市問題』51(11)、東京市政調査会、p84-92

(注2) 咢堂は、尾崎行雄の雅号。

(注3) ホテル・ニューオータニは、容積地区指定前に計画されたため、絶対高さ制限の例外許可(当時の建築基準法57条但し書き)で建設された。

 

□参考文献

久保作次編『尾崎記念会館・時計塔建設記』尾崎行雄記念財団、1961年

 

広告

「高さ610m 幻の代々木タワー計画」について

今から約40年前に、2本の600m級タワーが計画されていたことは、以前「幻のタワー計画 高さ550mの正力タワーと高さ600mのNHKタワー」(2011年2月)という記事で触れました。

「幻のタワー計画 高さ550mの正力タワーと高さ600mのNHKタワー」 

 

この記事を書いた段階では、NHKタワーに関する情報が少なかったために、計画の詳細にはほとんど触れませんでした(1969年7月時点の発表では、NHKの敷地内に600m級の4本脚のタワーをつくるというもの)。

しかし、その後の追加調査で、この時点でNHKが発表した計画はまだ初期段階のものでしかなく、その後、高さ610mのタワーが代々木公園内に計画されていたことが明らかになりました。

しかも、構造設計は、高層建築時代を切り開いた武藤清東大名誉教授の武藤構造力学研究所が関わり、タワーの意匠は、ヨーン・ウツソンやオブ・アラップの助手としてシドニーオペラハウスの設計に従事し、帰国したばかりの三上祐三氏が担当していたことも分かりました(三上氏は渋谷の東急文化村オーチャードホールの設計者でもあります)。

詳細については、AERA(2012年7月16日号)に掲載されましたので、こちらを是非ご覧ください。

○幻の代々木タワー計画(編集部山下努 東京工業大学大学院大澤昭彦)

ちなみに、610mという高さは、電波送信の技術的な観点から決まったそうなのですが、610mは語呂合わせでムトウ(6・10→ム・トウ)とも読めるため、武藤清の名前から高さが決まったのではないかと妄想してしまいました(この説は全く根拠がありません)。

分量が限られているため、すべてを盛り込むことはできませんでしたが、詳細な内容については別の形で公表をしたいと考えています(どういう形で公表するかは未定です)。

幻のタワー計画:高さ550mの正力タワーと高さ600mのNHKタワー

2011(平成23)年12月に東京スカイツリーが竣工し、翌2012(平成24)年春に開業が予定されている。

その高さ634mは、東京タワー(333m)の約1.9倍に及ぶ。

しかし、東京スカイツリー完成の40年以上前に、東京タワーの高さを遥かに凌ぐタワーの建設が2本も計画されていた。

それが、1968(昭和43)年に日本テレビが発表した高さ550mに及ぶ「正力タワー」と、翌1969(昭和44)年にNHKが発表した高さ600mの電波塔である。いずれも完成していれば、当時世界一の高さであった。

■正力タワー(高さ550m)

1968(昭和43)年5月10日、日本テレビは、新宿区東大久保1丁目の同社所有地(現在の新宿6丁目の日本テレビゴルフガーデン跡地)に、総工費150億円をかけて、高さ550mのテレビ塔「正力タワー」を建設する計画を発表した。

【※なお、この段階ではまだ名前はなく、「正力タワー」の名称は10月の起工披露宴の場で公表。2017年10月11日追記】

その名前が示すように、正力タワーは、当時、読売新聞社社主で日本テレビ会長でもあった正力松太郎の発案により計画された。

当時、世界一の高さを持つ電波塔は、1967(昭和42)年にモスクワに建てられたオスタンキノ・タワーの537mであり、正力タワーの550mはこの高さを意識したものであった。

正力タワーは、高さ200mと400mの位置に、それぞれ1,000~1,500人が収容可能な展望台を設置。塔の下部には20~25階建ての建築物を建設し、住宅やホテル、オフィス、百貨店といった複合機能を盛り込むものだった。

正力は、「これは広く大衆のためになることだし、高いところにのぼりたいというのは人間の本能だから採算は十分とれる」と自信を持ってプロジェクトの成功を語った(読売新聞昭和43年11月2日朝刊)。

「550m」は途方もない高さに思われるが、かつて正力は、富士山より高い世界一のタワーの建設を読売新聞紙上で発表したことがある。

これは神奈川、静岡、山梨の3県をまたぐ基礎工事を要するもので、高さは実に4,000mを超えるものであった。

タワーの下には100階建て、200階建てのビルで埋め尽くし、「世界一の塔と世界一の都会が同時に建設できる」と正力は豪語していたという(「巨怪伝・下」p366)。

その非現実的とも思える計画と比べてしまうと、高さ550mの正力タワーは現実味のある計画に見える。

実際に、正力タワーの建設にあたっては、日本テレビ、三菱地所、三菱電機、大成建設の4社によって具体的な検討が進められていたのである。

1968(昭和43)年10月24日には起工式が執り行われ、11月22日からボーリング調査が開始されている。

また、12月から翌年2月にかけて、欧米諸都市への視察団が派遣され、海外におけるタワーやテレビ・通信事情の調査も実施された。

そして、1969(昭和44)年6月23日には、東京都に建築申請書が提出され、正力タワー建設の準備は順調に進んでいったのである。

 

■NHKタワー(高さ600m)

しかし、何でも世界一でなければ気がすまない正力松太郎に冷や水を浴びせるように発表されたのが、NHKによるタワー計画である。

1969(昭和44)年3月5日、NHKの前田義徳会長が渋谷のNHK放送センター敷地内に、高さ600m級の電波塔を建設する計画を発表した。

7月に示された案によると、このタワーは「二〇〇メートルまでは鉄骨の四本足で支え、そこから五五〇メートルまではステンレスでおおった直径一五メートルの円筒形になり、さらにこの上に直径二-ニ・五メートル、長さ五〇メートルのアンテナを取付ける」(朝日新聞昭和44年7月3日朝刊)というものであった。

その高さは、高さ537mのオスタンキノ・タワーはもちろん、正力タワーを50m上回るものであるが、重量はオスタンキノ・タワーの約4分の1の7,000~8,000トンと軽量である点が売りであった。

また、正力タワーが、電波塔以外の用途としてホテル、オフィス、百貨店等の複合利用を想定していたのに対し、NHKタワーは純粋に電波塔として計画されていたことが大きな相違点と言える。

■タワー建設の背景

1960年代末と言えば、東京タワーが建設されてからまだ10年しか経過していない時期である。

では、なぜこの2本のタワーが計画されたのであろうか。

当初、東京タワーを電波塔として利用していたのは、フジテレビ、日本教育テレビ(現在のテレビ朝日)、NHK教育テレビのみであった。

一方、既に開局していたNHK、日本テレビ、TBSは、それぞれ独自の電波塔を使っていた。

その後、TBS、NHKは東京タワーへ移ったものの、日本テレビは依然として、自前の塔を利用していた(日本テレビが東京タワーを使わなかった理由として、東京タワーの建設が、読売新聞のライバルである産経新聞の主導だったためとも言われている)。

この時期、本格的な超高層ビル時代を迎えつつあり、正力タワー建設が発表される1ヶ月前の1968(昭和43)年4月には、高さ147m(最高部は156m)の霞が関ビルが竣工している。

当時使われていた日本テレビの電波塔は154mにとどまるため、今後、霞が関ビルのような超高層ビルが林立することで、電波の届きにくい難視聴区域が増えることが予想された。

また、郵政省(現在の総務省)は、テレビ放送の周波数をVHFからUHFに移行させる方針を示していたが、UHF方式は、電波が直進的であるため、アンテナが高くなければ電波が高層ビルに遮られてしまうとの指摘もあった。

そこで、難視聴区域の解消を目的として、1968(昭和43)年に日本テレビが、翌1969(昭和44)年にNHKが独自の電波塔の建設を発表したわけである。

しかし、日本テレビは、「同じようなものは二本いりません。笑いものになる」「最近になって計画らしいものを出し、まだ建築申請書も出していないNHKと一緒にされ、競合などといわれるのは全くのすじちがいではないか」とNHKを批判した。

一方のNHKも、「正力さんのは観光塔じゃないですか」「NHKが民放に恒久施設を借りた例がない。そんなことをしては聴視者に責任がもてない」と日本テレビ側を牽制している(朝日新聞昭和44年7月12日朝刊、読売新聞昭和44年7月19日朝刊)。

■郵政省による調停

当時、新たに同じようなタワーを2本も建設することは無駄ではないかとの批判の声もあがっていた。

既に東京タワーが存在していたのであるから、当然の反応であろう。

そこで、1969(昭和44)年7月には、放送事業の監督官庁である郵政省の河本敏夫郵政相(当時)が調停に乗り出し、NHKに対して、利害関係者である東京タワーや日本テレビとも十分話合って調整するよう指示を出した。

これ受けて、9月3日にはNHK前田会長が会見を行い、「塔の方はしゃにむに建てるつもりはない。これは正力タワーとの調整がつくまで、一応“空中の楼閣”としておく」と、タワー建設の延期を表明した(読売新聞昭和44年9月4日朝刊)。

一方、日本テレビの福井社長は、10月24日の会見で、「正力タワーについては、あくまでも実行する」と強気の姿勢を示しながらも、「日本テレビとNHKで別々に二本タワーを建てることは無意味」であるため、「NHK前田会長とも積極的に話し合う用意がある」と、態度を若干軟化させている(読売新聞昭和44年10月25日朝刊)。

日本テレビの姿勢がトーンダウンした背景には、10月9日に正力松太郎が死去したことも多分に影響していたと見られる。

こうして、1970(昭和45)年1月には、河本郵政相が一本化を発表し、同年11月には日本テレビが東京タワーの利用を開始することとなり、2つのタワー計画は自然消滅した。

今では既に忘れ去られてしまったタワー計画であるが、もし、この2つの600m級タワーが建設されていたならば、東京のスカイラインが現在と大きく異なるものになっていたことは間違いない。

そして、新たな東京のランドマークとなりつつある東京スカイツリーも存在しなかったであろう。

<追記:2012年7月9日>

上記記事の中で、NHKタワーの内容については、情報が少なかったためにほとんど触れませんでしたが、その後の調査で、高さ610mのタワーを代々木公園内に建設する計画であったことがわかりました。

詳細な内容については、雑誌AERA(2012年7月16日号)に掲載されましたので、こちらを是非ご覧ください(「幻の代々木タワー計画」編集部山下努 東京工業大学大学院大澤昭彦)。

「高さ610m 幻の代々木タワー計画」について(当ブログ)

 

表 正力タワーとNHKタワーを巡る出来事の経緯

年月日

出来事

1968年(昭43)

4月18日

日本初の100m超の高層建築物である霞が関ビルが竣工(高さ147m)

5月10日

日本テレビ正力会長が、高さ550mのテレビ塔「正力タワー」の建設を発表

10月24日

正力タワー建設予定地で起工式(300人出席)。ホテルニューオータニで起工式披露宴を開催し、政財界等から約2,500人が出席

11月22日

正力タワー建設予定地でボーリング調査開始

12月28日

テレビ・通信事情の情報収集のためのアメリカ視察へ出発(日本テレビ幹部2名)

1969年(昭44)

1月16日

ヨーロッパ諸都市(モスクワ、ベルリン、ウィーン、シュツットガルト、ハンブルグ等)のタワー施設調査のための視察団が出発(日本テレビ、大成建設、三菱地所、三菱電機から5名派遣)

6月23日

日本テレビが、正力タワーの建築申請書を東京都に提出

7月 2日

NHK前田会長が、渋谷のNHK放送センター敷地内に高さ600mの電波塔の具体案を発表

7月11日

河本郵政大臣が、NHKに対し東京タワーや日本テレビと話合って調整するよう指示

9月 3日

NHK前田会長が、正力タワーとの調整がつくまで、NHKタワーの建設延期を表明

10月9日

正力松太郎・日本テレビ会長死去

10月24日

日本テレビ福井社長が、NHK前田会長と話合う用意があると発言

1970年(昭45)

1月 9日

河本郵政大臣が、2つのタワーの一本化が決定と発表

11月10日

日本テレビが、東京タワーを送信塔として利用開始

<付記> ※写真を2011年4月12日追加

正力タワーの建設予定地であった敷地には、その後日本テレビゴルフガーデンがつくられ、現在、オフィスや住宅等の複合施設を含む再開発が進められている。

高さ96mの「新宿イーストサイドスクエア」(業務棟)と高さ111.7mの「パークハビオ新宿イーストサイドタワー」(住宅棟)が建設中である。

この敷地は、神宮外苑のイチョウ並木から明治神宮聖徳記念絵画館(以下、絵画館)を正面に見る眺望景観の背景にあたるため、完成すれば、絵画館の後ろに高層棟が見えることが予想される。

もし、正力タワーが実現していれば、神宮外苑のイチョウ並木と絵画館の背景に550mものタワーが屹立することになったのである。

なお、東京都は、絵画館への眺望景観保全を「東京都景観計画」の中に位置付けており、景観誘導区域内に建設される建築物の高さや色彩等の誘導を行っている(東京都景観計画2009年4月改訂版p132~137参照)。

しかし、高さ制限は絵画館の背景2キロメートルの範囲内のみに適用されるため、絵画館から2キロ以上離れている当該敷地においては、高さ制限は適用されず、色彩と屋外広告物の規制のみがかけられることになる。

DSC03752

↑絵画館のドームの背景に、現在建設中の建物(おそらく業務棟)のクレーンが見える。絵画館基壇部左側に位置する住宅棟はイチョウ並木に隠れている。

DSC03746

眺望地点と絵画館の中間地点から絵画館への眺め(2011年4月)

↑東京都が定めた眺望地点から絵画館寄りの場所から絵画館を眺めると、絵画館基壇部左側に現在建設中の住宅棟が見える。

DSC03749

眺望地点(青山通り交差点)附近(2011年4月)

DSC03751

東京都が設置した眺望地点を示す標識

[参考文献]

三菱地所(1993)『丸の内百年のあゆみ 三菱地所社史 下巻』

読売新聞昭和43年5月11日朝刊「世界一のテレビ塔を建設 日本テレビ 新宿に五五〇メートル 今秋着工 高層ビルも含めて」

日本経済新聞昭和43年5月11日朝刊「NTV 世界一のテレビ塔計画」

読売新聞昭和43年10月25日朝刊「世界一のテレビ塔 「正力タワー」起工式 各界から名士、盛大に」

読売新聞昭和43年11月2日朝刊「「正力タワー」懇談 正力社主とブリンクマン氏夫妻」

読売新聞昭和43年11月23日朝刊「正力タワー、地盤調査始まる」

読売新聞昭和43年11月29日朝刊「高さくらべ 世界のテレビ塔 東京の「正力タワー」 完成すれば世界一」

読売新聞昭和43年12月29日朝刊「“正力タワー”建設で欧米視察 先発隊、アメリカへ」

読売新聞昭和44年1月17日(金)朝刊「正力タワー 海外視察団 第二陣が出発」

朝日新聞昭和44年7月3日朝刊「世界一のタワー NHK来週申請」

毎日新聞昭和44年7月3日朝刊「高さ600メートル、工費は158億円 NHKタワー 近く建築申請」

朝日新聞昭和44年7月11日夕刊「NHKタワー建設に 他の塔と調整指示」

朝日新聞昭和44年7月12日朝刊「世界一かけテレビ塔合戦 両者譲らぬ力相撲 行事・郵政省軍配に困る」

読売新聞昭和44年7月19日朝刊「五百五十メートルの正力タワー 建築申請書を提出 福井日本テレビ社長が発表」

読売新聞昭和44年9月4日朝刊「「正力タワー」との調整つくまで待つ NHKタワーの着工」

読売新聞昭和44年10月25日朝刊「正力タワー、NHKとの調整 話し合いの用意 福井・日本テレビ社長談」

朝日新聞昭和45年1月9日朝刊「二つのタワー一本化 NHKとNTVが妥協」

佐野眞一(2000)『巨怪伝(下) ―正力松太郎と影武者たちの一世紀―』、文藝春秋(文春文庫)

ウィキペディア「東京タワー」

東京都景観計画 (東京都都市整備局ホームページ)