国会前庭の時計塔:「31.5m」に込められた意味

永田町の高台に立つ国会議事堂。その正門前に「国会前庭」と呼ばれる公園がある。

戦前は陸軍参謀本部があった場所だが、1964(昭和39)年の東京オリンピック開催にあわせて公園として整備された(当初、オリンピックに間に合うよう計画されたが、一般公開は1967年)。

台地の突端にあるため、皇居の濠から丸の内の高層ビル群、霞ヶ関の官庁街まで一望することができる。

ただ、普段、訪れる人は少なく、緑に囲まれた空間は静謐な雰囲気を保っている。

 

公園は、南北二つの区域に分かれており、北側に洋式庭園、南側に和式庭園が配置されている。

洋式庭園の中心には、国会前庭のシンボルともいえる塔が広い空に向けて伸びている。

憲政記念館(旧尾崎記念会館)と一緒に建設された時計塔だ。

「憲政の神様」と呼ばれた尾崎行雄の業績を記念して、1960(昭和35)年に建設された。

この時、公園はまだ完成していない。

DSC_0649.JPG

 

時計塔は、鉄筋コンクリート造で、高さは31.5m。

三つの柱が合わさった形は、立法・行政・司法の三権分立を象徴しているという。

そういわれれてみれば、この塔を中心に、国会議事堂、霞ヶ関、最高裁判所が配置されているようにも見える。

 

□塔の高さ「31.5m」の理由

ここで注目したいのは、時計塔の高さ「31.5m」である。

やや中途半端に見えるこの数値にはどのような意味が込められているのだろうか。

その理由を探ってみると、塔の前に置かれた銘板には、こう書かれている。

「塔の高さは、「百尺竿頭一歩を進む」ということわざの努力の上にさらに努力して向上するの意味から百尺(30.3メートル)より高くした31.5メートルに設定された」

立法、司法、行政が、それぞれ更なる進歩を目指して努力を重ねることを塔に象徴させたのであろう。

 

だが、100尺という数字そのものには、この時代ならではの意味もあった。

塔が完成した1960(昭和35)年当時、建築物の高さは最大31mに制限されていた。いわゆる「100尺制限」だ。

100尺制限とは、1920年に施行された市街地建築物法(建築基準法の前身)に基づく建築物の高さ制限で、住居地域は65尺、それ以外の地域は100尺に規制された。

1931(昭和6)年にメートル法となり、65尺が20m、100尺が31mとなったが、戦後、市街地建築物法が建築基準法に再編された後も、この高さ制限は継承された。

 

時計塔が完成した1960年は、池田勇人内閣が「所得倍増計画」を発表し、高度成長期が本格化しようとしていた時期にあたる。その前年には東京オリンピックの開催も決定し、首都東京の都市改造もはじまりつつあった。

好景気が旺盛なビル需要を生み、建物の大規模化が進んだ。ただし、31m制限の範囲内である。

それゆえ、高さ制限の撤廃を求める声も大きくなっていく。

1960年当時、100尺制限は時代遅れの規制と見る向きが少なくなかったのである。

実際、同年には、建築家の丹下健三も高さ制限の撤廃を求める論文(注1)を発表し、建設省も撤廃に向けて研究を進めていた。

超高層ビル時代の前夜のことだ。

「百尺竿頭一歩を進む」に含まれる「百尺」は、もちろん比喩ではあるのだが、当時のビルの高さの限界であった31m(100尺)制限を超えるとの意味も読み取ることができるだろう。

 

□川崎秀二が高さに込めた想い:15mから31.5mへ

時計塔の高さを決めたのは、尾崎行雄記念財団理事長だった衆議院議員の川崎秀二だ。

設計を担当した海老原一郎は、当初、時計塔の高さを15mとしていた。

ところが川崎は、「十五メートルでは丸の内はおろか霞ヶ関一帯でもその存在がわからない。そこで私は元来時計塔を建てる意義は、咢堂(注2)がやかましかった「会合時間の厳守」を周知させるためのものだから、十メートルや十五メートルの高さでは問題にならない。建築法の制限一杯まで伸ばすべき事を主張した」という(「建設の思い出と忘れえぬ人々」『尾崎記念会館・時計塔建設記』5頁)。

 

川崎は、当時の制限を「31.5m」と書いているのだが、前述したように正しくは31mである。

しかも、この制限は屋根や壁のある「建築物」が対象で、塔のような工作物は規制の対象外となる(東京タワーも工作物とみなされて建設できた)。

ただ、いずれにしても「100尺制限(31m制限)」を意識して塔の高さが決められたことは間違いないだろう。

最終的に決まった塔の高さ31.5mは、31m(100尺)制限を僅かに上回る。

「それなら百尺竿頭一歩を進めるという事になり、進歩的思想を表現する事にもなる」(同上)と川崎は述べている。

つまり、塔の高さは、ことわざに由来するというより、100尺制限が直接的な理由であり、結果的にことわざの意味にも符合したと考える方が自然なのかもしれない。

 

最後に、31m(100尺)制限の行方について触れておきたい。

1963(昭和38)年の建築基準法改正で容積地区制度が創設。その翌年に東京で容積地区が指定された。

これで環状6号の内側では絶対高さ制限は撤廃となり、代わりに容積率制限が実施されることとなる。

同年、高さ72mのホテルニューオータニが完成し(注3)、1968(昭和43)年には高さ147m(最後部の高さ156m)の霞が関ビルが竣工した。

超高層ビル時代の幕開けである。

霞が関ビルや西新宿の高層ビル群の影に隠れがちだが、国会前庭の時計塔は、100尺制限の時代から超高層の時代への転換点を象徴する存在でもあったのである。

 

(注1) 丹下健三(1960)「都市計画関連諸法についての私見」『都市問題』51(11)、東京市政調査会、p84-92

(注2) 咢堂は、尾崎行雄の雅号。

(注3) ホテル・ニューオータニは、絶対高さ制限の例外許可(当時の建築基準法57条但し書き)で建設された。

 

□参考文献

久保作次編『尾崎記念会館・時計塔建設記』尾崎行雄記念財団、1961年

 

広告

歴史的建造物としての東京タワー

■都心のスカイラインに埋没する東京タワー

東京タワーは、首都圏のテレビ局の集約電波塔として1958(昭和33)年に完成した。

東京タワーの高さは、エッフェル塔の高さを上回る333mであるが、この数値はパリのエッフェル塔を超える世界一の高さを目指して決められたとの話もあるが、実際は技術的観点から決定したという。

2010(平成22)年現在、東京タワーは都内で最も高い建造物であるが、近年の都心部における大規模ビルの林立により、その存在は目立たなくなりつつある。

1968(昭和43)年に出版されたケヴィン・リンチの『都市のイメージ』の巻末に、訳者の富田玲子の解説が掲載されている。

そこには、低層の家並みに東京タワーが屹立する写真が示され、「まわり中に36階建のビルディングが並んだら、ランドマークでなくなるだろう」との文章が添えられている。

この「36階建」とは、100mを超える日本初の高層ビルで、日本語版「都市のイメージ」が出版された年に竣工した「霞が関ビル」と同じ階数である。

当時、100mを超える建造物は、東京タワーと霞が関ビルのみであったことから、東京タワーはどこからも見えるランドマークとして機能していた。

そして40年後の現在、東京タワーは超高層ビルが林立する都心のスカイラインの中に埋没しており、富田の予想が現実のものとなりつつある(東京都建築統計年報によると、2007年時点での東京都区部における100m超の建築物は計315棟)。

cropped-dsc_0065.jpg写真 隅田川からみた東京タワー

■文化財化する東京タワー

現在、墨田区押上に高さ634mの東京スカイツリーが建設中であり、2012(平成24)年には開業が予定されている。

本家東京タワーが、視覚的ランドマークとしての役割ばかりでなく、本来の電波塔としての役割も終えようとしている[※ただし、スカイツリーのバックアップとしての役割が残るほか、一部FM放送は引き続き東京タワーから送信されるという。2012年5月28日追記]

一方、近年、小説や映画などでは、昭和の象徴として東京タワーが取り上げられ、懐かしさや郷愁をもたらす存在になりつつあるように見受けられる。

また、東京タワーは、2008(平成20)年に50周年を迎え、文化財保護法に基づく登録有形文化財の登録も可能となった※。

つまり、東京タワーは、「先進性の象徴」から「歴史的な建造物」へと移行する過渡期にあるといえるだろう。

※文部科学省が告示した登録有形文化財登録基準には、建築物、土木構造物及びその他の工作物のうち、原則として建設後50年を経過し、かつ、(1)国土の歴史的景観に寄与しているもの(2) 造形の規範となっているもの(3) 再現することが容易でないもの、のいずれかに該当することとされている。

なお、1954(昭和29)年完成の名古屋テレビ塔は、2005(平成17)年に登録有形文化財に指定されている。

また、2012年12月14日、文化審議会が東京タワーを登録文化財にするよう答申を行った[2013年3月28日追記]。

<参考>景観施策と東京タワー

東京タワーが位置する港区は、2009年に景観法に基づく景観計画を策定しており、その中には、東京タワーをランドマークとして際立たせるための方針や基準も定めている。

また、景観法では、地域の景観資源となる建造物を保全するための制度として景観重要建造物制度がある。港区景観計画には、景観重要建造物はまだ指定されていないようであるが、今後東京タワーが景観重要建造物として位置づけられることもあるかもしれない。

○港区景観計画

http://www.city.minato.tokyo.jp/joho/keikaku/mati/keikankeikaku/index.html

[関連記事]

○幻のタワー計画 ―高さ550mの正力タワーと高さ600mのNHKタワー―

https://aosawa.wordpress.com/2011/01/11/

○高層建築物に対する拒絶反応と慣れについて ―パリ・エッフェル塔を例に―

https://aosawa.wordpress.com/2010/01/12/

[参考文献]

○INAXギャラリー企画委員会タワー(2006)『内藤多仲と三塔物語』 INAX 出版(INAX BOOKLET)

○ケヴィン・リンチ(2007)『新装版 都市のイメージ』岩波書店

 

高層建築物に対する拒絶反応と慣れについて ―パリ・エッフェル塔を例に―

高層建築物は、技術の進歩や経済的繁栄の象徴といった肯定的な意味を持つ一方で、高さを巡る紛争に代表されるように否定的に受けとめられる場合もある。

後者の反応からは、現在の町の姿が急激に変化し、時間的な連続性が失われることへの心理的な不安を読み取ることができるだろう。

今やパリのランドマークとして親しまれているエッフェル塔であるが、建設当初は、パリのスカイラインを変化させるエッフェル塔に対して否定的な意見が少なくなかった。

そこで今回は、パリのエッフェル塔に対する人々の反応から、高層建築物に対する拒絶反応と慣れについて考えてみる。

■エッフェル塔建設の背景

高さ300mのエッフェル塔は、鉄骨造かつエレベーターを用いた最初期の高層建造物である。

土木技師であるギュスターヴ・エッフェルによる設計で、フランス革命100周年を記念して開催された1889年のパリ万国博覧会において建設された。

当時、パリ市内の建物で最も高いものは廃兵院の尖塔(105m)であり、その他にはパンテオン(79m)、ノートルダム寺院(66m)等が市内の主要な高層建築物であったことから、300mという高さが桁外れであったことがわかる。

フランスの思想家ロラン・バルトは「塔は見られているときは事物(=対象)だが、人間がのぼってしまえば今度は視線となって、ついさっきまで塔を眺めていたパリを、眼の下に拡がり集められた事物とする」と述べている。

つまり、エッフェル塔は、眺めの対象であるばかりでなく、眺めを提供する高層建造物の先駆けであり、見下ろす眺めを一般の市民が享受できるようにした点にエッフェル塔の時代的な意義があったと言えるだろう。

■エッフェル塔に対する賛否

エッフェル塔は、鉄やエレベーターといった新技術やその高さから近代の象徴、つまり芸術から産業への転換を象徴するとともに、資本主義の象徴とみなされてもいた(ただし、近代が機能の合目的性にその特徴があるとするならば、エッフェル塔は、工場やオフィスビルのような合目的的な建物ではないため、近代の建物ではないとの見解もある)。

それゆえ、エッフェル塔については賛否両論が巻き起こることになる。

①肯定的な反応

エッフェル塔は「科学と技術の応用によって自然に対する技術の優越を象徴するもの」として、多くの人々に歓迎された。

例えば、エッフェル塔を見物したエジソンは、「「偉大な構造物」が実現されたことを神に感謝した」と言われている。

また、パリを占領したヒトラーは「パリの象徴たるエッフェル塔を破壊せよ」と命令したが、結局壊されることなくパリは解放された。

そして、パリに帰還したフランス兵達がエッフェル塔を目の当たりにすると、まるで”感電したような感動に打たれた”との話が残っているという。

②否定的な反応

一方、エッフェル塔に対して嫌悪感を抱く人々も少なからず存在した。

1887年2月、47人の芸術家や文学者等の知識人が建設反対の陳情書をパリ市役所に提出し、エッフェル塔は「その野蛮な大きさによって、ノートル=ダム、サント=シャペル、サン=ジャック塔、など、わが国の建造物すべてを侮辱し、わが国の建築物をすべて矮小化して、踏み砕くに等しい」と厳しく非難したのである。

この陳情書に名を連ねていた作家のギ・ド・モーパッサンは、エッフェル塔の真下のカフェを好んだと言われるが、その理由は、唯一エッフェル塔を見なくて済む場所だからというものであった。

また、イギリスの詩人・デザイナーのウィリアム・モリスは、「パリに立ち寄るときはいつでも、エッフェル塔が見えないように塔のできるだけ近くに宿をとる」と公言したという。

こうした賛否両論が巻き起こること自体、高層建築物が一部の為政者のものではなく、一般大衆のものへと変容してきたことの証左とも解釈できる。

つまり、エッフェル塔は大衆化社会の象徴的存在でもあったといえるだろう。

■「時間的な距離」の必要性

しかし、高層建築物が与える心理的な影響は、時間の経過とともに慣れが生じ、評価に変化をもたらす場合もある。

前述のように、エッフェル塔の建設当初は知識人を中心に拒否反応があったが、いまやパリのランドマークとして欠かせない存在になっており、パリといえばエッフェル塔、エッフェル塔といえばパリというイメージの補完構造を形成するまでになっている。

1972年に建設され、パリの伝統的な景観を壊すとして物議を醸したモンパルナスタワー(高さ210m、59階建)を非難する人はいるかもしれないが、エッフェル塔を壊せという人はおそらくいないのではないだろうか(もしかすると、100年、200年後にはモンパルナスタワーも20世紀のパリを代表するランドマークとして親しまれるようになる可能性も排除できないが)。

ランドマーク全体を視野に収めるためには、ある一定の距離を置き、引いた視点から眺める必要があるのと同じように、高層建築物が人々に親しまれるようになるためには、一定の「時間的な距離」が必要であるとも言えるだろう。

<関連記事>

○パリにおける高さ制限の歴史

https://aosawa.wordpress.com/2010/04/16/

[参考文献]

倉田保雄(1983)『エッフェル塔ものがたり』岩波書店(岩波新書)

松浦寿輝(1995)『エッフェル塔試論』筑摩書房

ロラン・バルト(1979)『エッフェル塔』審美社

エドワード・レルフ(1999)『都市景観の20世紀』筑摩書房

ヴァルター・ベンヤミン(2003)「パサージュ論第1巻』岩波書店(岩波現代文庫)